【レビュー】社会学や心理学のテーマを脳科学的に考えると?脳はなにげに不公平


こんにちは。横浜出身、天草在住の地方在住ライターののりー(いづつえり)です。

今週もダ・ヴィンチニュース用の書評を提出しました。 

 

■本はかなりコスパのいい情報源

以前、Audibleで聞いた池上彰さんと佐藤優さんの対談『僕らが毎日やっている最強の読み方』でも言っていましたが、本って本当にコスパのいい情報源だなぁと思います。

 

なにしろ、編集や検証を経た体系だった情報が1000円程度で体に入るのですから。

 

しかも、地方にいるとセミナーや勉強会に参加するのもなかなか大変ですからね。

 

さて、今週おすすめする本は池谷裕二著『脳はなにげに不公平』です。

感想を動画にしてみましたのでご覧ください。

 

 

■デザインはセンス?言葉にするにはどうするか

ここでは、動画でお伝えしていない感想を書きたいと思います。

 

本の中には文庫化にあたって、特別対談が収録されています。

 

特別対談の内容は、著者と本の装丁のイラストレーターによる「文庫版の装丁ができあがる過程」。

 

最終案にたどりつくまでの候補が出てきます。

 

デザインというと、普通の人はセンスでしょ?と思うのではないでしょうか。

 

ところが、対談を読むとデザインにも「なぜそうなったのか?」の過程があることが分かります。

 

考えているときは言葉になっていないかもしれません。

 

抽象的なものを言語化する過程では抜け落ちるものや、十分に言葉にできていない部分もあるのかもしれない。

 

でも、ちゃんと「こうだからこうなのだ」とすることはできるのですね。

 

ものを書いたり、話すということは伝えることです。

 

言葉にするためには、しっかりと考え抜くことができている必要があるんだなぁ。

 

と改めて感じました。

 

今回の本はわずか670円。コスパはかなり高めです。

このブログを書いたわたしのプロフィールはこちら