天草ローカルでの「べにばえ」の販売を開始しました!

もう12月になってしまいました。今年も残るところ一月ですが、11月下旬よりぐっと忙しくなって来ています。農閑期=冬季では、柑橘は冬の方が繁忙になります。

 

11月22日に収穫した「べにばえ」の内熟成が進みつつある小〜中サイズのものの販売を開始しました。

販売を始めたのは天草市本渡(ほんど)にある「天草とれたて市場」です。

 

研修生のため生産者名「本田○子」となって販売ですが、知名度の低い「べにばえ」を紹介するチラシを張り出し、そこには師匠の「オレンジファーム本田」とともに「天草農工房 ふぁお」のロゴ入りとさせて頂いています。

 

取扱店はこの産直だけですが、ホームページでもご案内の通りオンライショップは12月中旬オープンに向け、毎朝4時に起きて鋭意準備中です。

べにばえカット写真

【お買い上げ頂いた方】

皮は手で向けないこともないですが、図のようにカットしてお召し上がりいただくのがお薦めです。

みかん山の様子

8月も下旬になり秋らしさを感じる日が増えてきています。

昨年に比べて梅雨明け後のカラカラの日々は短く、最近は定期的に雨が降ってくれており、肥の豊(デコポン系品種)の果実も大きくなって目立つようになってきました。

実はまだまだ大きくなりますが、厳しすぎる残暑とならないことを願うばかりです。