住む場所にとらわれず、でも農業もやりながら、

スモールビジネス、パラレルワークをする

地方で気ままに暮らすを実現


about us

私たちは2016年に天草に移住してきました。

 

東京と神奈川の出身の私たちに天草には親戚はいません。

親戚や古くからの知人や友人がいなくても、土地になじみながら地に足をついた生活をしていける。

天草での私たちの暮らしは「”田舎に仕事はない”は本当か?」というチャレンジでもあります。

 

農業をからめながら、食品製造業、飲食業、旅館業、一つ一つは小さな規模だけど、相乗効果とそれに関連した経験をもとに、ITを利用したスモールビジネスを複合的に行うことで、地方で気ままに暮らすを実践しています。

 

そうした経験をものとに地方(田舎)暮らしの情報発信、天草をおとずれる方・移住を目指す方・ファンを増やし、天草に限らずに地方で心地よく暮らしていけるアイデアをお届けして、皆様の移住や企業、業務の改善を一緒に取り組んでいきます。



Portfolio

天草農工房ふぁお

耕作放棄地の増加を少しでも抑えたいとの想いから、耕作をやめようと考えていた前園主から引き継ぎ、2016年に柑橘の果樹園としてスタートしました。

柑橘類を生産・出荷するだけでなく、天草へ来たくなるサービスも展開中です。

もちろん、柑橘類の直販もしています。

栽培品目は、デコポン系の品種の「不知火」や「肥の豊」「べにばえ」「パール柑」などです。

more...


ふぁくとりーNolley

ふぁくとりーNolleyは、みかん屋さんが作る12カ月の月替わりベーグルを作っています。

柑橘類の他の材料も天草・熊本の食材を利用し、添加物を使わず、砂糖も酵母を発酵させるためだけに使っています。

材料も規模の大きくない地元の生産者から適切な価格で仕入れ、地域の高齢化がする農業の一助にと考えています。


島の刻 ~ redesigned life 4u ~

天草へ来るまでの経験、天草での「地方で気ままに暮らす」を実践しつつ、日々継続する課題解決の経験を踏まえ、2021年新たな取り組みをスタートします。

それは広義なソーシャルビジネス的な取り組みで、fao agrocommunicationのビジョンである「地域を元気に」に挑戦します。

more...



Information

news

マガジンOct2020 (水, 30 9月 2020)
>> 続きを読む

「みかん屋のシュトーレン」の先行予約を開始しました (Mon, 21 Sep 2020)
>> 続きを読む

マガジンSep2020 (Sun, 30 Aug 2020)
>> 続きを読む