· 

【ふぁくとりーNolley】勝手にコラボ!天草のフレンチとベーグルの相性は

おはようございます。今日のベーグルのある食卓は、ひさしぶりに思い切り洋風です。

 

天草のカジュアルフレンチレストラン・Picassoの天草大王レバーペーストと

ロザリオポークのテリーヌが手に入ったので

 

それらをおいしく食べる!というテーマで勝手にコラボメニューを作ってみました。

 

手前の写真にあるベーグルサンドは

スライスしたテリーヌの上に自家製唐辛子のピクルス(唐辛子はハラペーニョ)をのっけたものと

不知火のピクルスをのっけたものです。

 

奥の青い皿は、スライスしたあおさベーグルをゆで卵とレバーペーストで飾ってみました。

 

右奥のはショートパスタのペペロンチーノです。スライスしたニンニクを油で揚げて、その油をまるごとパスタソースに使っています。ニンニクの香りがすごく立っているので、ニンニク好きにはたまらない一品となりました。

 

 

レバーペーストやテリーヌはそのまま食べてもおいしいけれど、こうやってほかの食材と組み合わせてみると

ゆで卵と相性がよかったんだ、とか柑橘との組み合わせもおいしいなとかいろんなことが分かります。

 

フレンチの食材が、もはや何料理なのか分からないものになっていますが(^-^;

 

ちなみに、今月から販売しているあおさのベーグルは、以前Picassoの松田シェフに提案をいただいて商品化したものです。

「ひじきのベーグルがあるならあおさもやってみたら」という一言。そういうちょっとしたことがおもしろいですね。