田舎の子どもの遊び場どうしてる?海が近い天草での散歩は一石二鳥の遊び


田舎で子育てするときに気になるものの1つが遊び場ではないでしょうか。

 

先週末、子どもたちを連れて近くの海に行ってきたときの様子を動画にしてみました。

田舎は自然がいっぱいあるから、遊び場には苦労しない。

 

そう思っている人はたくさんいるかもしれません。

 

ところが、結論からいうとまったくそんなことはないのです。

 

たしかに自然はたくさんあります。

 

が、整備されていないので大人がついていないと危ないところだらけです。

 

田んぼや畑の横には水路がありますし、柵はありません。代わりにイノシシよけの電柵があります。

 

蛇も虫もいます。

 

海は近いけれど、一人でずっと付き添っていなければならないのを負担に感じていたので、わたしは子どもたちがもっと小さかったとき、ほとんど外で遊ばせたことはありません。

 

絵本を読むか、手作りお菓子を食べさせるかのどちらかでした。

 

赤ちゃんの頃から絵本とかお菓子作りが身近にあったので、我が家の子どもたちは本や料理に関心の強い子に育っていますが

 

外に連れていかないことに対しては、なんとなく罪悪感を持っていました。

 

そもそも、わたし自身、子どもの頃に外で駆けずり回っていたタイプではないので、どうやって遊べばいいか分からなかったんですね。

 

そうしたら、夫が「散歩に行けばいい」と言い出したので行ってみました。

 

(夫は今は柑橘栽培なんてしていますが、東京生まれ、東京育ち(しかも原宿)のシティーボーイです)

 

散歩に行ってみて思ったのは、子どもにとっては「なんでもないことが遊びになる」ということでした。

 

大人になると「目的」がないと動けない、みたいなことになってしまうのに

 

子どもにとっては、歩いていて目に入るもの、聞こえるもの、なにより親と一緒に出掛けること自体が遊びなんですね。

 

よそのお宅の畑に行って、花を見ながら何の野菜かクイズをしたり

 

磯の生き物を観察する。

 

ビビリの息子は生き物を触れません。

 

でも、今回磯に行って小さなカニを触れたことは、本人にとって嬉しい出来事だったようです。

 

どんなことで喜ぶかは、子どもの年齢にもよると思いますが小さなときにどんな体験をしたかどうかは、その後のポテンシャルに大きく影響すると思っています。

 

なぜなら、人は体験したことがないことはやろうとしないから。

 

大人になればなるほど、その傾向は強くなっていきます。

 

長年インドア派で過ごしてきたわたしが、今回、散歩に行ってみようと思ったのは夫が一緒だということと動画を撮ろうと思ったからです。

 

純粋に楽しめるようになるまでには、まだまだかかると思いますがいろいろやってみようと思います。

 

ネタ作りもかねて。笑


このブログを書いた、のりーのプロフィールはこちら

田舎暮らしに興味があれば、天草にも遊びに来てくださいね!

農家体験ができる「ふぁおの宿」はこちら